国際技術コンサルタンツ ロゴマーク

土と水のコンサルタント 国際技術コンサルタンツ

経営理念 我々は、地質調査を通して自然との調和のもと、
国土を開発し社会の発展に貢献する。

地盤土質調査

地盤調査方法

ボーリング調査

原理

ボーリングマシンを使用し地盤を掘削するもので通常、ボーリング孔を利用し63.5kgのおもりで標準貫入試験器を付けたロッドを所定深度まで打ち込む試験を行います。
この試験は75cmの高さからおもりを落下させ、30cmの打ち込みに要する打撃回数を測定します。
地盤の硬軟等を判定する指標として使われ、打撃回数はN値で表されています。

 

長所

N値は強度の判定として最も多く利用されています。
N値から土の強度を推定できます。
土質試料が採取でき肉眼により観察できます。

短所

大きな礫及び玉石が存在する地層では高いN値を示す事があります。

ボーリング調査

平板載荷試験

原理

直径30cmの円盤を載荷試験として、支持対象地盤に8段階以上に分けて直接荷重をかけ、荷重と沈下量の関係から地盤の支持力を推定します。
載荷荷重の反力は重機、トラック等を用います。

長所

設計深度に直接荷重をかけ現位置で求めるので、地盤乱れ等による支持力がありません。
地盤状況が大きく見ることができ信頼性が高いです。

短所

測定深度以深に軟弱層が存在しても確認できません。
設計深度が深いと試験が困難となります。

平板載荷試験

液状化対策

液状化判定

地盤が液状化を起こすと支持力が失われるので、その地盤によって支持されていた構造物は傾斜、転倒、沈下、崩壊などを起こします。このような事態を未然に防止し、設計に反映させるために「液状化判定」を行います。

判定材料

標準貫入試験によって得られた土質試料より室内土質試験を行い、解析に必要となるデータを得ます。

判定

「建築基礎構造設計指針」、「道路橋示方書・同解説耐震設計編」等により判定を行います。

関東地震液状化履歴図

関東地震液状化履歴図

 

簡単な実験

関東平野の沖積地区は地震時に液状化が生じる可能性が高い地区です。ですから、あらかじめ液状化しにくいように地盤を締め固めたり、また建物を地震に強い構造にするなどして対策が計られています。
ここでは、液状化発生する現象を簡単な設備で実験します。
①緩い状態の砂を水槽に作ります。
②水を砂の上面より低い深さまで入れます。(地下水です)
③中に模型を入れます。(一つは浮き上がり、一つは沈みます。)
④水槽を揺らします。(地震発生です!)
⑤その直後、砂の上に水が浮き上がります。(液状化の発生です!)
⑥その後、金魚が浮き上がり、建物が沈みます。
⑦揺らす前より砂の上面が下がり、砂が再配列しました。(地盤沈下)

液状化現象とは

地下水下の砂層はどんなに緩い状態にあっても、通常は砂の粒子が互いにかみ合っているので緩いながらも安定した状態にあります。

地震前

 

地震の震動を受けると接触が解放され、砂の粒子は水中に浮遊した状態になります。 その直後に砂の粒子は沈殿しはじめ、水は上昇して地表面の亀裂から噴き出します。

地震中

地震のあと、砂の粒子は再度沈殿し再配列される以前より締まった状態になります。 この間に約10分かかるため、砂層の上にある建物が沈下したりします。地中の埋設物が浮き上がります。

地震後